特定健診・特定保健指導

特定健診は生活習慣病の芽を見つけます!

特定健診は、生活習慣病と深く関わる、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を早い段階で見つける健診です。現在、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームを強く疑われるか、予備群の危険にさらされています。

現在、生活習慣病は国民医療費の約3割を占めており、すでに医療保険制度に多大な影響を及ぼしています。しかし、メタボリックシンドロームのリスクを早期に改善すると、将来生活習慣病を発症する方が減ります。特定健診の受診は、皆さまの大切な健康を守るだけでなく、医療費や保険料の増加を抑制することにもつながります。

POINT

  • 40〜74歳のすべての方が対象です。
  • 健診でメタボリックシンドロームのリスクがある方を早期に見つけ出します。
  • 対象者には、個人のライフスタイルにあわせた特定保健指導が行われます。

特定健診・特定保健指導の特徴

特定健診・特定保健指導の特徴は、健診でメタボリックシンドロームを中心に異常の有無をチェックし、生活習慣病発症の危険度により対象者をグループ分けして、保健指導(改善と予防に向けられた支援)を行うことです。

健診で異常が見られた段階で、生活習慣改善などに努めていれば、心臓病や脳卒中などの深刻な生活習慣病を発病しない可能性が高くなります。

特定健診・特定保健指導の流れ

1.受診券の送付

契約健診機関以外で直接受診いただく場合につき、ご連絡いただきましたら「特定健診受診券」を送付致します。

2.予約申込み

契約健診機関一覧から特定健診実施医療機関を選び、予約申込みを行います。

3.健診後、健診結果を受領

「特定健診受診券」と「保険証」を持参し、健診を受けます。健診機関において結果説明を受け、健診結果を受領します。

【健診項目】

腹囲測定 腹囲を測定し、内臓脂肪の蓄積状態を確認します。
身体計測 身長・体重から肥満度(BMI値)を確認します。
BMI値が22に近いほど病気になりにくいといわれています。
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
採血 高血糖や脂質異常のほか、動脈硬化のリスク、肝臓の機能を確認します。
血圧測定 血圧にかかる圧力を測定します。
数値が高い場合は動脈硬化を引き起こしやすくなります。
問診 現在の健康状態のほか、喫煙・服薬・既往歴などについて確認します。

4.特定保健指導を実施

医療保険者(いちば国保)が保健指導対象者を選定し、「特定保健指導利用券」を送付します。健診結果に応じて3つのグループに分け、保健指導レベルを設定します。

特定保健指導対象者の判定基準

特定保健指導対象者の判定基準

特定保健指導の対象となった方は、今後の健康のために必ず受診しましょう!

特定健診・特定保健指導Q&A

Q1
特定健診?元気だし、やせているからメタボは関係ないのでは?
A1
やせているから健康とは限りません。生活習慣病は、自覚症状なく進みます。放っておくとその先には命に関わる病気が待ち構えています。そうならないために、年に一度の受診で健康状態を確認しましょう。
Q2
健診なんていつでも受けられるでしょう?
A2
もちろんいつでも受けることはできます。しかし、基本的には健康保険が適用されないので、多額の費用が掛かってしまう場合があります。健診後のケアも充実している特定健診を受けましょう。
Q3
忙しくて時間がとれないんだけど…
A3
いざ病気になったときのことを想像してみましょう。通院・入院にどのくらいの時間が掛かるでしょうか。家族だんらんや趣味の時間も当然削られます。失うかもしれない時間に比べて、健診の時間はほんのわずかです。何とか時間をつくりましょう!
Q4
特定健診を受けないとどうなるの?
A4
まずあなたの健康状態が確認できません。その上、特定健診・特定保健指導の実施率などには目標があり、その達成率は今後の後期高齢者医療制度への支援金の額に反映されるため、皆さまが支払う保険料(税/掛金)の増減に影響します。