あとで払い戻されるとき(療養費の支給)

次のような場合は、いったん医療費を全額支払って、後日いちば国保の窓口へ申請することにより払い戻しが受けられます。

やむを得ず保険証を使わないで診療を受けた場合

申請に必要なもの

診療内容の明細書、領収書、保険証、印かん

骨折、ねんざなどのときの保険を取り扱っていない柔道整復師の施術料

申請に必要なもの

明細な領収書、保険証、印かん

医師が認めたあんま、はり、灸、マッサージ代

申請に必要なもの

医師の同意書、明細な領収書、保険証、印かん

療養の給付が受けられない輸血の生血代など

申請に必要なもの

医師の診断書、領収書、生血液受領証明書、保険証、印かん

ギプス、コルセットなどの治療装具代(医師が必要と認めたとき)

申請に必要なもの

医師の診断書、領収書、保険証、印かん

靴型装具の場合は、現物写真を含む。

海外で診療を受けた場合

申請に必要なもの

診療内容の明細書、明細な領収書、外国語で書かれている場合は日本語の翻訳文、保険証、印かん