入院したとき(入院時食事療養費)

入院したときは、食費の一部を自己負担します。

65歳以上の人で療養病床に入院した場合は、食費と居住費の一部を自己負担します。なお、指定難病の人は食費の一部負担(食事療養標準負担額と同額)のみです。

一 般(②・③以外の人) 1食 460円
住民税非課税世帯
(70歳以上の人は低所得II)
90日以内の入院
(過去12か月の入院日数)
1食 210円
90日を超える入院
(過去12か月の入院日数)
1食 160円
②のうち、所得が一定基準に満たない70歳以上の人(低所得T) 1食 100円
難病患者・小児慢性特定疾病患者は260円となります。
②・③の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示する必要があります。いちば国保の窓口で交付を受けてください。
高額療養費の対象外です。


療養病床に入院する65歳以上の人は食費と居住費の一部を自己負担します(入院時生活療養費)

食費・居住費の標準負担額
- 1食当たりの食費 1日当たりの居住費
一般(下記以外の人) 460円*1 370円
低所得U 210円 370円
低所得T 130円 370円
老齢福祉年金受給者 100円 0円
*1 保険医療機関の施設基準等により、420円となる場合もあります。
詳しくは、いちば国保の窓口へお問合せください。

次の場合は、必要な費用(差額部分)を自己負担すれば、特別な治療、サービスが受けられます

高度医療を受ける場合

高度医療などを受ける場合は、高度医療部分を除いた国保が使える診療との差額分を自己負担します。

入院の場合の室料

一般の保険医療機関で特別室などへ入院する場合は、一般室との差額分を自己負担します。

歯の治療を受ける場合

国保が使えない特別な材料を使った歯の治療の場合は、国保が使える材料との差額分を自己負担します。