保健事業などについて

Q1
健診の助成を受けるには?
A1
いちば国保が契約する健診機関以外で受診した場合は,受診された医療機関の領収書(原本)と健診結果のコピーを組合にご提出ください。
保険診療や、併用不可の健診等を受診したことがある場合は助成対象外。
年度内1回限りの助成となります。
Q2
後期組合員はどんな保健事業が受けれるの?
A2
現在後期組合員の方に対する保健事業は以下のとおりです。

  • 家庭用常備薬の斡旋
健診の受診や助成は当組合では受けることができません。
Q3
健診の助成で併用できないのはどの健診?
A3
併用できない健診は下記の表でご確認ください。
○…併用可能  △…併用できない場合もございます。 ×…併用不可
健診名 特定
健診
生活
習慣
出張
健診
人間
ドック
各種
がん
検査
特定健診*1 -
生活習慣病*2 - × × ×
出張健診*3 × - × ×
人間ドック × × -
各種がん検査 × × -
*1 特定健診に必要な項目を満たしていない場合は、他の健診により受診いただけます。
*2 生活習慣病とはいちば国保が実施する集団健診等のことです。
*3 出張健診は特定健診・ガン検査も含んでおります。
Q4
特定健康診査と一般健康診断、人間ドックの違いはなんですか?
A4
●特定健康診査
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した基本的な健康審査項目の健診です。
●一般健康診断
特定健診の検査項目を含んだ労働安全衛生法に基づく定期健診で、特定健診より検査項目の多い健診です。
●人間ドック
一般健康診断の検査項目をよりいっそう充実させた健診です。